トナーはレーザーカラープリンターなどに使う粉状のインキです

レーザープリンターやコピー機などに使うトナーは粉状のインキで消耗品になります。
コピー機、複合機、カラー対応機もしくはモノクロ対応機のレーザープリンターに欠かせない消耗品であり、ドラムユニットと同じく定期的な交換が必要になります。
ドラムユニットは粉状のインキを用紙に転写するための消耗品で、ドラムユニットの中にある感光体ドラムと呼ばれているローラー部分に粉状のインキを載せて、ローラーを用紙に押し付けると同時に高温度で転写して印刷を行うなどの仕組みを持ちます。
ドラムユニットが劣化した場合、十分な高温度にならないため、粉状のインキは用紙に載った状態となり、指で触れると印字されたものが擦れてしまうなど、レーザープリンターなどの心臓とも言える消耗品です。

純正品とリサイクル品の違いについて

レーザーカラープリンターなどに使うトナーは、CMYKなどのように4色カートリッジを使っているのが特徴です。
CMYKとは4つの色名のCyan、Magenta、Yellow、Blackそれぞれの頭文字を取ったもので、カラー印刷やコンピューターグラフィックスなどで利用が行われている色表現の一つです。
レーザーカラープリンターに印刷データを送信すると、レーザーカラープリンターはCMYKの4色から適量な粉状のインキをドラムユニットに載せて印刷を行う仕組みになります。
カートリッジが4つになるのでコストも多く掛かる事になり、経費を節約したい場合などではリサイクル品を利用するケースもあります。
尚、リサイクル品は空いたカートリッジを回収して粉状のインキを充填したものになります。

リサイクル品は信頼おけるメーカーを選びましょう

トナーは印刷する時の粉状のインキであり消耗品になります。
カラー対応機などの場合は4色になるのでコストも多く掛かるなどリサイクル品を考える企業担当者も多いのではないでしょうか。
リサイクル品は空いたカートリッジを回収し、分解して洗浄、消耗部品や劣化している部品を交換修理して、粉状のインキを充填して組み立てを行い、完成した後に品質検査を実施して販売を行っている製品です。
メーカーの中にも環境にやさしいリサイクル品を用意している所もありますが、リサイクル品を利用する場合には信頼出来るメーカーの製品を使う事が大切です。
品質が悪いものを利用した場合、レーザープリンターやコピー機が故障する原因にも繋がるため、品質が保たれている製品を取り扱っているメーカーのものを選ぶようにします。

お客さまの方で使い終わり、不要になったトナーカートリッジを無料で回収するサービスを実施しております。 リサイクルトナーで経費削減に貢献致します! 当社の強みは、各メーカーの高品質のリサイクルトナーやリサイクルインクが全国への即日発送が出来る事です。 商品のご注文はインターネットより承っております。 専門業者でトナーを選ぶなら